本文へ移動
人と自然とを繋ぐ 自然との調和で笑顔が生まれる社会に。
私たち株式会社 北善塔はみなさま一人ひとりに向き合い、つねに求められるよきパートナーとして地域や社会に貢献してまいります。
このホームページから「業務に関すること」や「知りたい情報」など、みなさまのお役に立てるタイムリーな情報をお届けします。

チェーンソー保護具着用の義務化

※チェーンソー使用時において保護具の着用が義務付けられました。

厚生労働省より「チェーンソー保護ズボンの義務化」について省令が交付されました。林業においては2015年10月よりチェーンソー保護具またはチャップスの着用が義務化されていますが、2019年8月1日よりチェーンソーを使用する業務に携わるすべての作業者の方へ対象が拡大いたしました。
 
厚生労働省のガイドラインでは、JIS規格(JIS T 8125)・ISO規格(ISO11393)・EN規格(EN381-5)を適合とみなし、それ以外にも「作業者の身体にあったもの」「チャップスは最下部の留め具が足首にできるだけ近いもの」など、望ましい要件が明記されています。
 
危険防止、健康障害防止について規定されている事項を事業者が実施しなかった場合は、下記の罰金が科せられます。
・事業者に対し、6か月以下の懲役又は50万円以下の罰金刑
・着用指示に従わなかった作業員に対し、50万円以下の罰金刑
 
造園業・建設業など、チェーンソーを業務で使用するすべての業種が対象となります。また、農家など、家族であっても雇用契約を結んで給与を支払っている場合は「事業者」と「作業者」扱いとなり、義務化罰則対象となります。
 
なお、弊社にて保護具のご用意ができますのでお困りの際はお気軽にご相談ください。

チェーンソー保護具着用の義務化関連資料

関連資料①

関連資料②

関連資料③

関連資料④

更新情報

TOPへ戻る