本文へ移動

情報提供

チェーンソー保護具着用の義務化

※チェーンソー使用時において保護具の着用が義務付けられました。

厚生労働省より「チェーンソー保護ズボンの義務化」について省令が交付されました。林業においては2015年10月よりチェーンソー保護具またはチャップスの着用が義務化されていますが、2019年8月1日よりチェーンソーを使用する業務に携わるすべての作業者の方へ対象が拡大いたしました。
 
厚生労働省のガイドラインでは、JIS規格(JIS T 8125)・ISO規格(ISO11393)・EN規格(EN381-5)を適合とみなし、それ以外にも「作業者の身体にあったもの」「チャップスは最下部の留め具が足首にできるだけ近いもの」など、望ましい要件が明記されています。
 
危険防止、健康障害防止について規定されている事項を事業者が実施しなかった場合は、下記の罰金が科せられます。
・事業者に対し、6か月以下の懲役又は50万円以下の罰金刑
・着用指示に従わなかった作業員に対し、50万円以下の罰金刑
 
造園業・建設業など、チェーンソーを業務で使用するすべての業種が対象となります。また、農家など、家族であっても雇用契約を結んで給与を支払っている場合は「事業者」と「作業者」扱いとなり、義務化罰則対象となります。
 
なお、弊社にて保護具のご用意ができますのでお困りの際はお気軽にご相談ください。

チェーンソー保護具着用の義務化関連資料

関連資料①

関連資料②

関連資料③

関連資料④

※農薬取締法改定関連資料

 
 
※農薬取締法改定に関して
 平成30年12月1日より農薬取締法が改正となりました。
各御取引業者様において関連する部分は、農薬登録の更新の廃止となります。
 今後、農薬登録票は重要な変更がない限り更新業務を行わなくなるため
順次農薬登録票の期限が切れていきます。
 そのため公共事業での使用材料の申請時に農薬登録票をご提出される際はご注意をお願いいたします。
 弊社においては今後御取引業者様より農薬の材料承認のご依頼をいただいた際に農薬登録票の有効期限が
切れた商品は製品安全データシートでのご対応とさせていただきます。
なお、参考資料として農林水産省より発表された農薬取締法の改定の概要において
上記に関連する部分の抜粋資料を掲載しております。
 ご理解ご協力をお願い申し上げます。

農薬取締法改定概要

 
 
 

農薬取締法改定 抜粋①

 
 
 

農薬取締法改定 抜粋②

 
 
 
株式会社 北善塔
〒662-0911
兵庫県西宮市池田町7-30
TEL.0798-23-2438
FAX.0798-26-1277
1.肥料・農薬・種子・造園資材・農業資材の販売
2.薬剤散布
3.ソフタイヤ製造・販売
4.潅水設備工事
 
TOPへ戻る